遅効性抗リウマチ薬について

関節リウマチの治療には遅効性抗リウマチ薬が用いられる場合もあります。治療に使用される薬の副作用についてご紹介します。まずは金製剤です。これは腎臓への有害作用や発疹、皮膚のかゆみ、血球数の減少などです。次にペニシラミンです。この薬は骨髄における造血の抑制や腎臓の障害、筋疾患、発疹、味覚の異常などがあります。

 

それからヒドロキシクロロキンです。通常は軽度の副作用のみとなります。発疹、筋肉痛、眼の障害などです。スルファサラジンは胃のむかつきや肝臓の障害、血球の異常、発疹などがあげられます。すべての遅効性薬剤は関節の破壊が進むのを遅らせることができますので、関節の痛みと腫れを徐々に軽減することができます。

 

コルチコステロイド薬としてプレドニゾロンがあります。こちらの薬の副作用は長期間使用すると全身にさまざまな副作用が出現することがあります。炎症を急速に抑えることができるものなのですが、長期的には副作用が出現することがあります。免疫抑制薬はメトトレキサート、レフルノミド、アザチオプリン、シクロホスファミド、シクロスポリンなどがあげられます。

TOPへ