間接リウマチの経過の見通し

間接リウマチの経過の見通しと治療についてご紹介したいと思います。間接リウマチは、まれに発症しても自然と症状が出なくなることがあります。そして関節リウマチでは4人中3人の割合のかたが治療によって症状が改善されています。しかし、10人中少なくとも1人は重い機能障害を患ってしまうこともあるそうです。間接リウマチの治療法は単純な保存療法から薬物療法、また手術まで実にさまざまです。

 

治療の原則としては、患者の体調を整えるためのものです。休息をとったり十分な栄養などが当てはまります。遅効性薬剤は、出現している症状の改善というよりも病気そのものの改善のために使われています。初めのうちは積極的な治療は最低限にとどめるようにして数カ月は一般に病気の進行を遅らせるといった薬を追加していくようです。関節の炎症が激しいような場合は、動かし続けると関節の炎症が悪化してしまうために休ませるようにします。

 

多くの場合には一定の休息期間をおけば関節の痛みは軽減することがわかっています。活動性が高くて痛みを伴う病期の激しい炎症であっても少しの間ベッドで安静にしていることによって痛みが軽減することがあります。1つもしくは複数の関節を固定して動かさないようにして安静を保つために固定具(スプリント)を使うこともあります。ただ関節周りの筋力の低下や関節が固まってしまうことを防ぐためには関節をある程度は動かすことも必要となります。

TOPへ