関節リウマチとその他の症状

関節リウマチでは、炎症を起こした関節は肥大してしまいます。軟部組織が腫れてしまうためです。このことによって関節は急速に変形してしまいます。このため関節は1つの位置に固まってしまいます。そして十分に曲げたり伸ばしたりすることができなくなってしまいます。手の指が正常な位置よりも小指側に傾いたり、指の腱(けん)はその位置から滑り出してしまいます。

 

腫れ上がった手首に神経が圧迫されてしまうと、手根管症候群によるしびれやチクチク感が生じることがあります。炎症を起こてしまった膝の裏に嚢胞ができてしまい、これが破れると膝から下に疼痛や腫れが生じてしまいます。関節リウマチの30%は、皮下に硬い隆起(リウマトイド結節)が認められるそうです。

 

これは普通外部からの圧迫が加わりやすい部位にできてしまいます。例えば前腕の裏側の肘関節付近などです。また、関節リウマチはまれに血管の炎症の原因になってしまうことがあります。これによって組織への血液供給が減少してしまい、神経の損傷や脚のびらん(潰瘍)を引き起こしてしまいます。肺を覆っている膜の炎症(胸膜炎)や心臓を取り囲んでいる膜の炎症(心膜炎)、または肺の炎症や瘢痕によって胸痛や呼吸困難がおこることがあります。一部の人ではリンパ節の腫れや眼や口の渇きを伴うシェーグレン症候群や炎症による眼の発赤や痛みなども呈してしまいます。

TOPへ