関節リウマチについて

関節リウマチは、手や足をはじめとした全身にある関節で起こる炎症性関節炎のことです。関節に腫れと疼痛を伴ってしまい、しばしば関節の破壊を来してしまいます。 関節リウマチは世界の全人口では約1%にみられる病気です。そして、人種や出身国にかかわらず関節リウマチの病状を抱えています。

 

また女性のほうが男性の2〜3倍ちかく多く発症しています。その多くについては、25〜50歳くらいで発症しますが、どの年齢層でも発症する可能性があります。関節リウマチは小児でも発症することがあり、この場合には若年性関節リウマチと呼ばれています。その症状と経過の見通しは他の関節リウマチとは多少は異なります。

 

関節リウマチの正確な原因については不明なのですが、自己免疫疾患であると考えられています。免疫システムを構成している成分が関節包内層の軟部組織を攻撃してしまいます。それから次に血管や肺といった他の体の結合組織をも攻撃してしまいます。そして関節の軟骨組織、骨、靭帯(じんたい)を侵食してしまい、このことによって関節の変形や不安定化、瘢痕化が生じてしまいます。

TOPへ