関節リウマチ薬の分類について

炎症性サイトカインを抑えるための薬が出るまで関節リウマチの薬は、大きく分けて三種類あったそうです。一つは非ステロイド性消炎鎮痛剤です。この非ステロイド消炎鎮痛剤は、痛みや炎症を止めるといった薬です。もう一つはステロイド薬です。ステロイド薬は主に、炎症と免疫異常に効く薬とされていますが長いあいだ使っていると副作用の問題が起こってきます。三つ目は抗リウマチ薬です。この抗リウマチ薬は免疫異常や炎症だけでなくて関節の破壊にも効果がみられるものもあります。

 

アメリカのリウマチ治療ガイドラインでは、とにかく早期に症状を発見し、早く治療するといった方針をとっています。そうすることによって腫れや痛みから解放されて、関節の破壊も予防することができるからです。そのため、関節リウマチの診断がついたら三カ月以内に抗リウマチ薬を使ってみて積極的に治療をおこなっていきます。もしも、効果が不充分な場合にはTNFαを抑えるといったな新しい抗リウマチ薬をもちいます。

 

この新しい抗リウマチ薬は生物学的製剤です。それでも、症状が改善されないようであれば手術も考えるという治療方針となります。つまり、生物学的製剤を含む抗リウマチ薬が治療の中心となっておりステロイド薬や非ステロイド性消炎鎮痛剤は補助的に使うといった位置づけになっています。日本の専門医の治療についても、ほぼアメリカと同じような考え方をもっています。

TOPへ