関節リウマチの初期症状

関節リウマチの初期症状は、関節の腫れや痛みなどです。しかい関節リウマチの病気が進んでいけば関節が壊れてきます。場合によっては骨と骨が完全にくっついたり外れたりすることもあります。そのため身体的な障害となることもあります。関節リウマチのはっきりした原因は不明なのですが、もともとリウマチになりやすいといった遺伝的な背景もあるそうです。

 

そういった人が、何らかのウイルスや細菌に感染してしまい免疫に異常が起こってしまって関節リウマチの発症に至るのではないかと医療の場では考えられています。関節リウマチ患者さんの関節では、滑膜が異常に増殖してしまいパンヌスと呼ばれる塊ができてしまいます。パンヌスには、たくさんの細胞がある待っています。たとえばリンパ球T細胞やB細胞、マクロファージなどです。

 

そういったバンヌスが、炎症のもとになる物質を作り出してしまいます。その代表的なものが、TNFαと呼ばれるものを中心としてつくられる炎症性サイトカインなのです。そのため炎症性サイトカインを抑えることによって関節リウマチの治療にたいしてはとても効果を発揮することがわかっています。関節リウマチは実際に発症するととても大変なものですよね。

TOPへ