慢性関節リウマチの血液検査

慢性関節リウマチや痛風などに関係している血液検査は、関節や筋肉の痛みを生じたときに行われることが多いようですが、痛みを生じる原因は慢性関節リウマチや痛風だけではなくてさまざまな病気があります。しかし、多くの場合にはこれらの病気は血液検査だけではなくて関節が痛む部位や関連している症状などと一緒に総合的に診断がおこなわれます。とくに慢性関節リウマチは血液検査だけでは診断することができないため注意したほうがよいでしょう。

 

慢性間接リウマチは自己免疫疾患に分類されており自己免疫疾患とは一種のアレルギー反応のことをさしています。しかしこのアレルギー反応は花粉症やダニに対するアレルギー反応などとは異なっており体内で起こるアレルギー反応といえます。たとえば花粉症やダニなどの一般的なアレルギー反応が外敵に攻められて起こることに対して、自己免疫によるアレルギー反応というものは人間の体内で起こる内戦もしくはクーデターにたとえることができます。

 

自己免疫という言葉から連想できるとおり本来は災いを免れるために行われるのが自己免疫反応なのですが、自己防御の過程で起こる内戦の結果、体内のさまざまの部分で破壊が起こることになってしまいます。この体内の破壊が炎症反応といわれるものになるのです。炎症反応が関節で起こった場合には関節炎を発症します。また皮膚や血管で起こった場合には皮膚炎や血管炎などを引き起こします。また、腎臓など臓器そのもので炎症が起きた場合には臓器を破壊することになってしまいます。

 

自己免疫疾患といわれている病気のなかには慢性関節リウマチの他にも膠原病やバセドウ病、ある種の貧血、肝炎など多くの病気が含まれます。自己免疫疾患では内戦やクーデターの原因となった内乱分子を自己抗体というようにいいます。

TOPへ