関節リウマチと年齢

関節リウマチはからだの多くの関節に炎症が起こってしまい関節がはれてしまって痛む病気のことです。長期間にわたって進行をしてしまうと関節の変形や機能障害が起こることがあります。人口の0.4%から0.5%、30歳以上の人口の1%にあたる人たちがこの病気にかかっており患者さんは、男性よりも女性のほうが多く認められます。男性の約3倍といわれています。関節リウマチは どの年齢の人にも起こりますが、30歳代から50歳代で発病する人が多いようです。15歳以下で発病したような場合には若年性関節リウマチとよばれます。

 

関節リウマチの病因ですが不明といわれています。微生物の関与というようになんらかの原因によって関節腔の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こります。 また、関節の血管が増加してしまい血管内から関節滑膜組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球が遊走してしまいます。関節局所で免疫応答が起こってしまいリンパ球やマクロファージが産生するサイトカインの作用によって炎症反応がひきおこされてしまうため軟骨や骨の破壊が進行してしまいます。

 

関節リウマチの症状には、関節の症状と関節以外の症状があり。手指(指の付け根=中手指節関節、指先から二番目=近位指節関節)、足趾、手首の関節の痛みや腫れが数週間から数か月の間にだんだんと起こります。触れると熱感があることもあり、肘や膝の関節などにも痛みや腫れがみられます。

TOPへ