リウマチ・エクササイズ

リウマチを治療するためにはリウマチ・エクササイズというものがあります。このエクササイズは握力強化運動を取り入れたエクササイズです。このときに注意したいことは、できるだけ効果をあげるためには関節をゆっくりと大きく動かすということです。しっかり立つことができる人はたって、立つことが不安定という人は座っておこなうようにしましょう。

 

また関節がはれていたり、発熱をしていたり、腹痛があるというような場合でなければ続けてエクササイズをおこなうようにしましょう。入浴をしたときにおこなうと傷みや動きも軽くなるのでエクササイズもやりやすくなりますよ。まずは、深呼吸をして背筋をのばして腕を後ろにそらしながら呼吸をしましょう。このような運動は胸の部分の訓練とともに姿勢が前かがみになりがちな背骨を矯正してくれますので背筋の訓練にもなりますよ。

 

肩甲帯の運動は気をつけの姿勢をしたまま両手を体の横につけて両肩を上げ下げしてみましょう。このときに首をすくめないように気をつけましょう。肩関節の回転運動は両肩をできるだけ大きくまわします。前から後ろからゆっくりと大きく回すようにしていきましょう。この運動は肩の関節の動く範囲を広げてくれます。そして五十肩の予防にもなりますよ。

TOPへ