慢性関節リウマチの薬

慢性関節リウマチを治療するためには薬物療法や手術療法、リハビリテーションなどがあります。薬物療法の場合は、炎症を抑えてくれて痛みを緩和して免疫異常を是正することが目的となっています。くすりの種類は、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)や抗リウマチ薬、副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制剤などの薬があります。

 

手術療法は変形を矯正したり機能の再建を目的に行われており手術の種類には滑膜切除術や関節形成術、人工関節置換術などの手術方法があります。リハビリテーションは、疼痛を除去したり腫脹を軽減したり、筋力が低下することを防止したり増強したりあします。そして関節の変形の予防と矯正などを目的にして発症した早い時期からリハビリテーションは推奨されています。

 

免疫異常を是正しながら炎症を抑えてくれる抗リウマチ薬は非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)というものです。おもに抗炎症と鎮痛を目的としてつかわれます。リウマチの初期から投与される薬剤でリウマチの進行を阻止する働きや関節破壊を防止する作用などはありません。

 

プロピオン酸化合物は、消炎や鎮痛、解熱作用をバランスよく有して副作用も比較的少ないので使いやすい薬剤といえます。そのほかにもジクロフェナク(ボルタレン(2))、インドメタシン(インダシン)、サリチル酸(アスピリン)などの薬剤があります。これらの薬剤の副作用としては、胃腸障害や皮疹、肝障害、腎障害などがあります。

TOPへ