音楽でリウマチ治療

リウマチの治療にはラテン音楽をつかって心と体をイキイキさせるという方法もあるようです。心地よい音楽というものは心身ともにリラックスさせてくれる効果がありますよね。この音楽が持っている精神安定の作用を活用している治療法が音楽療法なのです。

 

アメリカでは、音楽療法の研究が50年前からはじまりました。今では多くの病院などで音楽療法は治療の一環として導入されているそうです。実は、日本でも10年くらい前から「バイオミュージック学会」や「全日本音楽療法連盟」などの団体が設立されました。そして2000年には「日本音楽療法学会」が設立されて音楽療法が医療の中に本格的に取り込まれ始めたようです。

 

音楽療法というものは副作用がないというメリットがあります。そして「1/fの揺らぎ」という特性を持っている音楽を聞くとα波という脳波が発生しますので精神を安定させてくれて血行もよくなるといわれています。このようなα波を発生させてくれる音楽はバロック音楽に多いとされています。1999年10月には、いままでの「癒し」をメインにした音楽療法とはすこし違う観点からの試みがおこなわれました。それは聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターの星恵子医師たちが中心となり発足した、「リウマチ性疾患音楽療法研究会」です。

 

このときに演奏された音楽は、国内外で活躍しているミュージシャンや音楽好きの医師たちによるラテン音楽とジャズです。これは音楽を通して楽しく体を動かそうという試みでこの音楽療法の参加者たちはみなさんが立ち上がってリズムに乗ってリウマチ体操も行われたそうです。さまざまな試みがされているのですね。

TOPへ