笑いとリウマチ

慢性関節リウマチの患者さんたちが、落語を聞きにいき大笑いしたら、痛みが和らいだり、癌の患者さんたちが吉本新喜劇や落語などをみて大笑いをしたら、免疫機能が改善してきたというような報告がありました。体の機能と「笑い」に対して見直しがされているようです。アメリカでは、早い時期から「笑い」による治療が注目されており、ユーモアセラピーという治療法があります。また「笑い療法研究学会」などもあるそうです。

 

膠原病の一種の強直性脊椎関節炎で苦しでいたジャーナリストのノーマン・カズンズ氏は体中が痛み、苦しんでもがいている時に希望や愛情、笑い、信頼といった積極的な情緒が体内で積極的な化学反応を引き起こすのではないかと考えたそうです。そして、ビタミンCを大量に投与して、積極的に「笑う」ことを試みたそうです。喜劇映画や面白い本などをみて10分間くらい大笑いをすると、その後の2時間くらいは痛みを感じないで済んだそうです。そして血沈値も下がっていたそうです。

 

カズンズ氏は、何年かこの「治療」を続けてみました。そして500人に1人しか全快しないといわれていた難病を克服したそうです。まさに「笑いは人の薬」ということですよね。笑いとは、心地のいい軽いものから笑い転げるようなものまでさまざまなものがあります。心地よい笑いは副交感神経が働いて心臓や呼吸はゆっくりとしています。そして消化器は活発に動いておあり、血圧や血糖は低下します。

 

それに対して笑い転げた場合には交感神経が働きますので心拍と呼吸は速まります。そして手のひらには汗がでてきて血圧や血糖は上昇することになります。つまり落語などを聞いて大笑いしたときなどは、体の内部が活性化することによって免疫力も増すということになるます。今のところは、笑った前後で血液中の免疫成分が変化するところまではつかめているようですが、どうしてそのようになるのかといったメカニズムは解明されていないようです。

TOPへ