リウマチの初期症状

リウマチという言葉はよく耳にしますよね。実はギリシャ語で「流れる」という意味を持っています。それは痛みが流れ動くことから付けられた病名なのです。関節リウマチとは、おもに自己免疫が手足の関節を侵してしまい、関節痛や関節の変形が生じてしまう炎症性自己免疫疾患のことで血管や心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身の臓器にも障害があらわれるということもあります。

 

初期のリウマチ症状は背中や肩、首筋が凝ってしまったり手がしびれるなどの症状のようです。中期のリウマチの症状は手首や足首、肘、膝、股関節に違和感を感じてしまい、痛みや熱、腫れ、浮腫みなどが生じてきます。また後期のリウマチの症状は関節の形が変わってしまい手も足も動かなくなって自分で思うような行動ができなくなってしまいます。

 

リウマチは強い関節の痛みが主な症状になります。そのことから常備薬としては再春館製薬の痛散湯などの漢方薬の痛み止めを服用したり、小林製薬のアンメルツヨコヨコなどを使ったりする人もいるようです。また、リウマチと診断された場合には、その症状によっては医師の診療結果によっては参天製薬のリマチルや日本ワイスレダリーのリウマトレックスなどの処方薬を服用するといった場合もあります。初期の段階から見極めると辛い症状に悩まされることはないと思います。おかしいなと感じたら早めに医師に相談することをおすすめします。

TOPへ