関節リウマチの新薬

関節リウマチの薬には、現在ではまだ、病気の原因を根本的に治療できる薬はありません。主に、病気の症状を改善する対症療法の薬として、抗炎症剤、抗リウマチ薬、ステロイド剤の3種類が使用されています。関節リウマチの薬物療法では、これらの3者を、バランスよく使用しながら、治療を進めていきます。

 

しかし、これらの薬では、効果が充分に得られないという患者さんも多いです。そのため、新しい治療法の開発が期待されてきました。そんな中、最近、関節リウマチの炎症の促進に、もっとも関わりのある、TNFαという分子群を標的とした、画期的な薬「レミケード」が登場しました。

 

レミケードは、体の中で炎症を引き起こすTNFαに働きかけることで、細胞の活性化を抑え、関節リウマチに高い治療効果を発揮するものとして注目を集めています。しかし、どの患者さんにも使用できるわけではなく、関節リウマチの診断を受けていて、メトトレキサート(リウマトレックス)などの、従来の抗リウマチ薬では効果が不十分な場合に限り、使用をが検討されます。

 

また、レミケードには、感染症を悪化させたり、かかりやすくするという副作用があります。そのため、すでに感染症にかかっている人や、結核を患ったことのある人は、それを治してから使用することとされています。(レミケードには、結核菌を殺す、マクロファージという細胞の働きを抑えてしまう作用があります。)

 

もちろん、これまでのリウマチの薬にも、副作用として、肝臓や腎臓に影響を与えてしまうもの、消化器障害を引き起こすもの、感染症を起こすものなどがありました。そのため、それぞれの薬の特徴を熟知する専門医が、患者さんと相談しながら、患者さんに適した薬や方法を選んでいくということが、とても大切です。

TOPへ