非ステロイド抗炎症薬

関節リウマチの治療によく使われる薬のひとつに、非ステロイド抗炎症薬があります。この薬には、炎症を抑えると同時に、解熱や鎮痛の作用があります。他の関節痛や、筋肉痛など、痛みを伴う病気の治療において、一般的に使用されている薬です。

 

ほとんどの場合、薬を服用してから、1〜2時間後という早さで効果があらわれます。また、炎症を抑える効果も並行してみられます。そのため、初期症状の関節リウマチや、軽度の関節リウマチ患者には、非ステロイド抗炎症薬を使って、痛みが抑えられ、この薬だけで、炎症が治まるというケースもあります。

 

しかし、そのとき起こっている炎症を、一時的に抑えるには効果がありますが、炎症の進行や広がりを阻止したり、関節の破壊を止めるという作用は期待できません。あくまでも、炎症による痛みを抑えるための薬です。そのため、実際の治療では、抗リウマチ薬と併用して使用されるということが多くなっています。

 

非ステロイド抗炎症薬は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎臓機能障害などに、重い副作用を起こす可能性が高いことが明らかになっています。そのため、副作用をできるだけ少なくすることが考えれています。非ステロイド抗炎症薬は、2剤を併用したり、1剤だけでも、長期にわたって使用し続けることは、よくないとされています。また、無症状のまま経過する副作用もあるため、定期的に、血液検査、尿・便の検査を受けることが大切です。

 

非ステロイド抗炎症薬には、内服薬の他に、座薬、塗り薬、貼り薬という外用薬もあります。これらの外用薬は、副作用の心配も少なく、患者さんが痛みの程度に応じて、自分で使用できるので、とても便利です。

TOPへ