ステロイド薬

ステロイド薬とは、抗炎症作用と免疫抑制の作用が強力で、劇的に痛みを抑えることができる効果のある薬です。しかし、ステロイド薬を大量に使ったり、長期にわたって使い続けると、重い副作用が出るということが明らかになっています。

 

しかも、急に薬を中止すると、リバウンドといって、症状を悪化させることがあります。そのため、関節リウマチの患者さんには、血管炎や胸膜炎など、重い全身症状がある場合に限って、ステロイド薬が処方されるのが一般的であるようです。

 

しかし、最近では、抗リウマチ薬を使い始めたときに、その効果がまだ出てこない間の炎症を抑えるために、少量のステロイド薬を、短期間使用するということもあります。また、冠婚葬祭などで、一時的に痛みを抑える必要があるときにも、お医者さんに相談すると、処方されることもあります。

 

ステロイド薬の副作用として、よく知られているのが、顔面が丸くむくむ、ムーンフェイスです。その他には、肥満、食欲不振、不眠、だるさなど、副作用と気付きにくいような症状もあります。あるいは、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、血管炎、骨粗しょう症、白内障、緑内障、ステロイド潰瘍のような、重い副作用が起こるケースもあります。

 

これらの副作用は、患者さんの誰にでも、必ず起こるというものではありません。しかし、初期に自覚症状がほとんどないため、体重、血圧、血糖、コレステロールなどの、定期検査を行なって、早期発見に努めることが重要です。

 

ステロイド薬は、効果が確実です。しかし、頼り続けると、前述の通り、重い副作用が出ます。お医者さんに指示された服用法を必ず守るということが、とても大切です。

TOPへ