抗リウマチ薬

関節リウマチに使用される主な薬のタイプは、大別すると、「抗リウマチ薬」、「非ステロイド抗炎症薬」、「ステロイド薬」の3種類に区分できます。病気の発症と免疫の関係が解明され、現在では、関節リウマチは、自己免疫疾患であると考えられています。その結果、早期から、免疫に働きかける「抗リウマチ薬」が使用されるのが一般的になっています。

 

「抗リウマチ薬」は、免疫に働きかけて、関節の炎症を抑え、病気の進行を抑えることができ効果が期待できる薬です。しかし、痛みを鎮める働きや、即効的に炎症を抑える働きはありません。この薬の効果は、服用し始めてから、普通、2〜3ヶ月後に生じるという場合がほとんどです。効果は、検査によって、赤沈やCRPの値にあらわれ、リウマチ因子にも改善がみられます。一般的に、ゆっくりと効果が出てくる薬ですが、いったん効果が出てくると、長期間にわたって、その効果が持続します。

 

そのため、関節リウマチの炎症が起きず、「寛解(関節炎症が治ったように見える状態」にすることができます。これは、種々の薬の組み合わせの効果によるものです。実際の治療法としては、関節炎の再発、そして新たな発症に備えて、効果のあった抗リウマチ薬の服用を続けるということになります。

 

「抗リウマチ薬」には、その働きによって、免疫調整剤と免疫抑制剤があります。現在、最も注目されているものは、生物学的製剤です。これは、特定の物質だけに働きかける抗体を作って、体内に注射し、炎症を引き起こす免疫反応だけを制御しようというものです。この薬は、日本でも認可され、使用されているもの、臨床試験が行なわれているものがあり、今後の治療のためにその効果が期待されています。

TOPへ