関節リウマチの薬

関節リウマチに使用される主な薬のタイプは、大別すると、「抗リウマチ薬」、「非ステロイド抗炎症薬」、「ステロイド薬」の3種類に区分できます。病気の発症と免疫の関係が解明され、現在では、関節リウマチは、自己免疫疾患であると考えられています。その結果、早期から、免疫に働きかける「抗リウマチ薬」が使用されるのが一般的になっています。

 

「抗リウマチ薬」は、免疫に働きかけて、関節の炎症を抑え、病気の進行を抑えることができ効果が期待できる薬です。しかし、痛みを鎮める働きや、即効的に炎症を抑える働きはありません。この薬の効果は、服用し始めてから、普通、2〜3ヶ月後に生じるという場合がほとんどです。効果は、検査によって、赤沈やCRPの値にあらわれ、リウマチ因子にも改善がみられます。一般的に、ゆっくりと効果が出てくる薬ですが、いったん効果が出てくると、長期間にわたって、その効果が持続します。

 

そのため、関節リウマチの炎症が起きず、「寛解(関節炎症が治ったように見える状態」にすることができます。これは、種々の薬の組み合わせの効果によるものです。実際の治療法としては、関節炎の再発、そして新たな発症に備えて、効果のあった抗リウマチ薬の服用を続けるということになります。

 

「抗リウマチ薬」には、その働きによって、免疫調整剤と免疫抑制剤があります。現在、最も注目されているものは、生物学的製剤です。これは、特定の物質だけに働きかける抗体を作って、体内に注射し、炎症を引き起こす免疫反応だけを制御しようというものです。この薬は、日本でも認可され、使用されているもの、臨床試験が行なわれているものがあり、今後の治療のためにその効果が期待されています。

ステロイド薬とは、抗炎症作用と免疫抑制の作用が強力で、劇的に痛みを抑えることができる効果のある薬です。しかし、ステロイド薬を大量に使ったり、長期にわたって使い続けると、重い副作用が出るということが明らかになっています。

 

しかも、急に薬を中止すると、リバウンドといって、症状を悪化させることがあります。そのため、関節リウマチの患者さんには、血管炎や胸膜炎など、重い全身症状がある場合に限って、ステロイド薬が処方されるのが一般的であるようです。

 

しかし、最近では、抗リウマチ薬を使い始めたときに、その効果がまだ出てこない間の炎症を抑えるために、少量のステロイド薬を、短期間使用するということもあります。また、冠婚葬祭などで、一時的に痛みを抑える必要があるときにも、お医者さんに相談すると、処方されることもあります。

 

ステロイド薬の副作用として、よく知られているのが、顔面が丸くむくむ、ムーンフェイスです。その他には、肥満、食欲不振、不眠、だるさなど、副作用と気付きにくいような症状もあります。あるいは、糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化、血管炎、骨粗しょう症、白内障、緑内障、ステロイド潰瘍のような、重い副作用が起こるケースもあります。

 

これらの副作用は、患者さんの誰にでも、必ず起こるというものではありません。しかし、初期に自覚症状がほとんどないため、体重、血圧、血糖、コレステロールなどの、定期検査を行なって、早期発見に努めることが重要です。

 

ステロイド薬は、効果が確実です。しかし、頼り続けると、前述の通り、重い副作用が出ます。お医者さんに指示された服用法を必ず守るということが、とても大切です。

関節リウマチの治療によく使われる薬のひとつに、非ステロイド抗炎症薬があります。この薬には、炎症を抑えると同時に、解熱や鎮痛の作用があります。他の関節痛や、筋肉痛など、痛みを伴う病気の治療において、一般的に使用されている薬です。

 

ほとんどの場合、薬を服用してから、1〜2時間後という早さで効果があらわれます。また、炎症を抑える効果も並行してみられます。そのため、初期症状の関節リウマチや、軽度の関節リウマチ患者には、非ステロイド抗炎症薬を使って、痛みが抑えられ、この薬だけで、炎症が治まるというケースもあります。

 

しかし、そのとき起こっている炎症を、一時的に抑えるには効果がありますが、炎症の進行や広がりを阻止したり、関節の破壊を止めるという作用は期待できません。あくまでも、炎症による痛みを抑えるための薬です。そのため、実際の治療では、抗リウマチ薬と併用して使用されるということが多くなっています。

 

非ステロイド抗炎症薬は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎臓機能障害などに、重い副作用を起こす可能性が高いことが明らかになっています。そのため、副作用をできるだけ少なくすることが考えれています。非ステロイド抗炎症薬は、2剤を併用したり、1剤だけでも、長期にわたって使用し続けることは、よくないとされています。また、無症状のまま経過する副作用もあるため、定期的に、血液検査、尿・便の検査を受けることが大切です。

 

非ステロイド抗炎症薬には、内服薬の他に、座薬、塗り薬、貼り薬という外用薬もあります。これらの外用薬は、副作用の心配も少なく、患者さんが痛みの程度に応じて、自分で使用できるので、とても便利です。

関節リウマチの薬には、現在ではまだ、病気の原因を根本的に治療できる薬はありません。主に、病気の症状を改善する対症療法の薬として、抗炎症剤、抗リウマチ薬、ステロイド剤の3種類が使用されています。関節リウマチの薬物療法では、これらの3者を、バランスよく使用しながら、治療を進めていきます。

 

しかし、これらの薬では、効果が充分に得られないという患者さんも多いです。そのため、新しい治療法の開発が期待されてきました。そんな中、最近、関節リウマチの炎症の促進に、もっとも関わりのある、TNFαという分子群を標的とした、画期的な薬「レミケード」が登場しました。

 

レミケードは、体の中で炎症を引き起こすTNFαに働きかけることで、細胞の活性化を抑え、関節リウマチに高い治療効果を発揮するものとして注目を集めています。しかし、どの患者さんにも使用できるわけではなく、関節リウマチの診断を受けていて、メトトレキサート(リウマトレックス)などの、従来の抗リウマチ薬では効果が不十分な場合に限り、使用をが検討されます。

 

また、レミケードには、感染症を悪化させたり、かかりやすくするという副作用があります。そのため、すでに感染症にかかっている人や、結核を患ったことのある人は、それを治してから使用することとされています。(レミケードには、結核菌を殺す、マクロファージという細胞の働きを抑えてしまう作用があります。)

 

もちろん、これまでのリウマチの薬にも、副作用として、肝臓や腎臓に影響を与えてしまうもの、消化器障害を引き起こすもの、感染症を起こすものなどがありました。そのため、それぞれの薬の特徴を熟知する専門医が、患者さんと相談しながら、患者さんに適した薬や方法を選んでいくということが、とても大切です。

TOPへ