リウマチと膠原病

人の体は、何億という、小さな細胞から成り立っています。この細胞が、ばらばらにならないように、つなげる役割を果たしているのが、「膠(にかわ)」、つまり、コラーゲンというたんぱく質の一種です。膠は、皮膚、筋肉、骨、軟骨、靭帯と、ほぼ全身にあるものです。そして、全身の皮膚、筋肉、関節、血管などが侵される病気を、総称して、膠原病(膠に原因がある病)と呼ぶようになりました。

 

膠原病には、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、多発動脈炎、リウマチ熱、、シェーグレン症候群、混合性結合織病などがあります。膠原病に共通して見られるのは、原因不明の発熱、湿疹、関節の痛みなどの症状です。これらの症状が見られたときは、まず、膠原病に特徴的な徴候があるかどうか、全身の診察を受ける必要があります。

 

膠原病の特徴的な徴候とは、脱毛、口内炎、眼や口の中の渇き、手指のしびれ、爪の変形、また、冷たい水につけると手足の先が白く変化し、しびれが見られるなどです。全身の診察で、膠原病が疑われると、血液検査、レントゲン検査、尿検査などが行われ、確定診断がなされることになります。

 

治療は、全般的に、副腎皮質ステロイドホルモンによるステロイド治療が行われます。また、その他に、関節リウマチに対する抗リウマチ薬や免疫抑制剤のように、膠原病の種類によって、特徴的な治療法もあります。それぞれの種類の膠原病に劇的に効果の見られる薬もありますが、副作用もあるため、使用法が難しく、専門医の指導が必要となります。

TOPへ