リウマチ熱

よく耳にする「リウマチ」というのは、関節リウマチのことです。また、「リウマチ熱」は、別の病気です。リウマチ熱は、特に、関節と心臓に起こる炎症です。連鎖球菌による、喉の感染症の合併症として起こりますが、感染症ではありません。感染症に対する炎症反応と考えれば間違いはありません。

 

リウマチ熱は、5〜15才の子どもに多い病気で、男女差はありません。連鎖球菌感染による喉の炎症が治まった、52〜3週間後に症状が始まります。はじめによく見られる症状が、関節痛と発熱です。1つ、または、複数の関節が、突然、痛み出し、触れると痛みがあります。1つの関節の痛みが治ると、他の関節が痛み出します。

 

関節痛は、軽度から重症まであり、普通は、2〜4週間続きます。しかし、関節リウマチのように、変形にまで進むということは、ほとんどありません。この他に、皮膚の紅斑、皮下結節、舞踏病と呼ばれる手足が自然に動く症状などが生じる場合があります。また、心臓の炎症により生じる胸痛や動悸(どうき)も見られます。心臓の炎症は、約半数に合併します。

 

治療は、感染症に対する抗生物質類の治療が基本となります。心臓や関節の炎症には、抗炎症薬、鎮痛剤が使用されます。過去に、リウマチ熱にかかったことのある子どもは、再び、喉の連鎖球菌感染にかかると、リウマチ熱にかかる可能性があります。そのため、慢性の場合には、長期間にわたって、抗生物質を投与する必要があります。

 

リウマチ熱を予防する方法としては、連鎖球菌による喉の感染症を、抗生物質によって、迅速かつ完全に治療することが有効です。

TOPへ