リウマチの福祉制度

関節リウマチの病気を持っている方も、その地域で暮らしながら、少しでも効果的な治療を進められるよう、生活を支えるための、あらゆる福祉制度が設けられています。関節リウマチの患者さんが利用できる福祉制度としては、身体障害者を対象としたもの、高齢者を対象としたもの、難病患者を対象としたものなどがあります。

 

身体障害者を対象としたサービスを利用するためには、まず、身体障害者手帳を取得することが前提となります。身体障害者手帳の取得の手順としては、まず、居住地の役所(福祉事務所)で申請用紙を入手して、医療機関が作成した診断書などと共に、役所に提出します。 その後、障害程度(1〜6級)が認定され、1〜2ヶ月ほどで、障害者手帳の交付が受けられます。

 

また、平成18年から、障害者自立支援法が施行されました。これによって、障害福祉サービスを受けようとする人は、市町村から「障害程度区分」の認定を受けることが必要になりました。区分は、軽度の1〜重度の6区分に分かれています。利用できるサービス内容は、障害程度区分によって異なります。

 

自立支援法によって、支援の必要度合い=障害程度区分に応じた、公平なサービス提供、および、利用者本位のサービス体系への再編などが行なわれるようになりました。しかし、福祉サービスを利用した際の、食費等の実費負担や、利用したサービスの量などに応じた利用者負担(1割)が求められるため、実際には、生活がし易くなったとは必ずしも言いきれない人もいるようです。

 

負担額の上限の設定や、低所得者に対する負担軽減制度というものもあります。福祉担当窓口に相談するなどして、今あるサービスを、上手に使えるとよいと思います。

TOPへ