女性に多い関節リウマチ

関節リウマチの患者さんのうち、全体のおよそ80%を女性が占めています。関節リウマチの患者さんは、全国で70万人と言われています。そのうちの80%ですから、女性としては、不安をあおられるような数字だと思います。

 

なぜ、女性に多く発病するのでしょうか。実は、関節リウマチに限らず、膠原病の代表格である「全身性エリテマトーデス」などを含む自己免疫疾患の多くが、男性より女性に多くみられることがわかっています。その原因については、女性ホルモン、妊娠・出産の影響が指摘されています。

 

女性ホルモンの中には、プロラクチン(乳腺刺激ホルモン)や、エストロゲン(卵胞ホルモン)など、自己免疫反応を高める働きをするものがあります。また、妊娠や出産をスムーズにするために、男性より、免疫機構が複雑になっています。例えば、妊娠中は、胎児を異物と見なさないようにするため、ステロイドホルモンの産生が増えて、免疫の働きが抑制されます。

 

妊娠期間中に、関節リウマチの症状が軽くなり、出産後に症状が悪化するという事例がよくあるのはこのためです。また、出産後に免疫の抑制が解除され、一時的に、免疫の働きが高まり、その際に、自己免疫疾患が起こりやすいとも言われています。

 

このように、女性ホルモンの性質、および、複雑に免疫機構が働く中で、自己免疫疾患が入り込むすきも多くなってしまうということが考えられます。リウマチ性疾患の中には、関節リウマチと症状のよく似た、「痛風」があります。痛風は、風が吹いても痛いと言われるほど、激痛が走る病気ですが、こちらは、圧倒的に男性に多い病気だそうです。

TOPへ