関節リウマチの血液検査

関節リウマチの診断においては、「診断基準」のチェックに加えて、触診、エックス線検査、血液検査、尿検査、関節液検査が実施されます。そして、これらの検査結果によって、体内で起きている様々な変化や、薬の副作用の有無、類似した病気との区別などを知ることが可能となります。その中の、「血液検査」におけるポイントを、以下に挙げてみます。

 

・赤沈…代謝異常や、組織の炎症があると、赤血球の沈降速度が早くなり、関節リウマチの程度や治療の効果を見ます。
・CRP…体内で炎症が起きたとき、血液中に現れる特殊なたんぱく質で、他の膠原病や感染症にかかっている場合も陽性を示します。
・白血球数…薬の副作用によって、減少したり、他の感染症や悪性関節リウマチの疑いがある場合に、増加することがあります。
・赤血球数…病気の進行に伴って、貧血症状が進むと値が減少します。
・血色素…非ステロイド抗炎症剤の副作用で、胃潰瘍、または十二指腸潰瘍による出血が起きていると値が下がります。
・リウマチ因子(RA検査)…自分自身の成分を敵と見なして、免疫異常を起こしてしまう抗体を調べます。
・血清タンパク分画…関節リウマチになると、α2グロブリン、γグロブリンの増加が見られます。
・GOTとGPT…薬の副作用で肝臓に障害が起きると数値が高くなります。
・血清クレアチニン…薬の副作用で腎臓に障害が起きると数値が上昇します。

 

上記のポイントから、検査結果の意味をしっかり理解して、自分の病状が、どのような状態なのかについて、知っておくことが重要です。

TOPへ