関節リウマチの合併症

慢性関節リウマチとは、全身の関節に炎症が生じ、痛むということが、最もつらい病気です。また、肺、腎臓、胃、皮膚、神経、貧血など、さまざまな内臓に、合併症を伴いやすい病気でもあります。主な合併症と、その症状には、以下のようなものがあります。

 

●皮下結節…肘や後頭部などの皮下に、大豆ぐらいの大きさの硬いしこり(痛みはない)ができます。
●心膜症…心臓を包む膜(心膜)に炎症が起きます。
●胸膜炎…肺を包む膜(胸膜)に炎症が起きます。
●肺線維症…間質が繊維化して硬くなり、酸素交換が不十分になります。
●上強膜症…結膜が赤く充血します。
●末梢神経炎…手足がしびれる病気です。
●シェーグレン症候群…涙腺や唾液腺に炎症がおき、涙や唾液が出にくくなります。
●貧血…血液中の赤血球や血色素が減少した状態で、めまいなどを起こします。

 

リウマチ患者さんは、ほとんどの人が貧血です。それは、長い間、炎症が続くために、体の中で、赤血球をうまく作れなくなっていたり、薬の副作用による胃炎や胃潰瘍があり、少しづつ出血していたりすることが原因です。

 

また、関節リウマチの患者さんによく見られる貧血には、血液中の鉄分不足によるものだけでなく、鉄分を吸収する能力が低下するために起こるというものもあります。この場合、鉄剤を服用しても、リウマチのために、鉄分は体内でうまく利用されず、貧血が続くということが多いようです。ですから、リウマチ自体を、上手にコントロールしていくしか方法がないという場合もあるのです。

 

いずれにしても、合併症を早期に発見し、治療するために、定期的な診察と検査を受けることが重要です。

TOPへ