関節リウマチと遺伝

「私の母は、リウマチを患っているけど、遺伝するのかしら?」このように、家族にリウマチの患者さんがいる人は、特に不安も大きいことと思います。そうでなくても、今や、全国で、リウマチは、70万人を超える患者さんがいるという病気です。自分が関節リウマチにかかりやすいのかどうか、気になる人は多いと思います。

 

関節リウマチの原因としては、免疫の異常があげられます。関節リウマチの患者さんには、DR4という、たんぱく質で作られた、HLAという遺伝子を持つ人が、健康な人に比べて多いことが分かっています。そして、このHLA‐DR4遺伝子が、免疫システムに異常を起こすのではないかと考えられています。

 

「遺伝子」レベルでの原因も確認されたとなると、ますます、関節リウマチは、遺伝する病気ではないかと、心配になってしまう人もいるでしょう。たしかに、一卵性双生児(同じ遺伝子を持つ)が、どちらも関節リウマチになる確率は、二卵性双生児(異なる遺伝子を持つ)より高いことが知られています。

 

また、関節リウマチ患者が、特に多い家系も存在します。関節リウマチの発病には、遺伝因子がかかわっていることは、否定できないことです。しかし、遺伝的要因を持っている人でも、それだけで発病するわけではありません。ウィルス感染やストレス、出産など、何らかの環境因子が加わって発病するものですから、必ずしも、遺伝が発病の決定的要因とは言い切れません。実際に、健康な人でも、HLA‐DR4遺伝子を持っている人もいます。逆に、親から正常な遺伝子を受け継いでも、ウィルス感染などで、遺伝子が傷つけられ、関節リウマチになるというケースもあります。

TOPへ