関節リウマチと運動の必要性

以前は、関節リウマチにかかると、まずはとにかく安静にすべきであると考えられていました。しかし、「痛いから」と言って、全く体を動かさないでいると、関節が動かしにくくなり、徐々に全身の筋肉が衰えていき、最終的には、寝たきりの状態になってしまうおそれもあります。そのため、最近では、関節の可動域をできるだけ保ち、筋力の低下を防ぐための、運動療法が有効であることが認められています。

 

関節の運動では、やや痛みを感じるところまでは我慢して、曲げ伸ばしすることが必要です。痛くない範囲だけで行なっていると、結局は、関節の可動域を狭めることになってしまいます。毎日、朝夕の2回くらいは、腕や足の関節を動かすようにしてください。ただし、翌日まで疲れが残るような運動は、やり過ぎです。運動後、1時間ほど安静にしていると、痛みが軽くなるという程度が適当でしょう。

 

骨は、運動による負荷をかけないと、カルシウム分が抜けて、もろくなっていくという性質があります。関節も、動かさずにいると、関節液から軟骨への栄養が行き渡らず、骨の破壊をますます進めてしまうことにもなりかねません。

 

あまり負荷をかけられない、痛みの強い関節リウマチ患者さんの場合、温水プールなどを利用した運動方法もおすすめです。水中では、浮力が働くため、体重が軽くなり、陸上に比べて、関節への負荷が軽くなります。陸上では、動かせなかった部分も、水中では動かせるようになり、血液の流れもよくなるという効果もあります。水中運動によって、関節の周りの筋力も、少しずつ強化されていきます。

 

しかし、患者さんの病状によっては、必ずしも水中運動が良い場合ばかりではありません。運動を行なう前に、お医者さんと相談することが必要です。

TOPへ