関節リウマチの白血球除去療法

関節リウマチとは、全身の関節に炎症が起き、関節の骨が破壊され、やがて変形し、日常生活に支障をきたすという病気です。関節リウマチは、患った人にしかわからない、つらい痛みに苦しめられる病気ですが、最近、この病気のための、画期的な薬が開発されています。

 

しかし、そういった薬も、使用しているうちに、徐々に効果が減弱してきたり、副作用の影響が出て、薬が使えなくなったりする人もいます。その場合に有効であると考えられているのが、白血球除去療法です。白血球除去療法は、実際に、どれくらいの効果があるのでしょうか。

 

白血球は、本来、異物を排除する働きを持っているものです。しかし、何らかの理由で、自分の関節の滑膜を攻撃し、炎症を起こしてしまうのが関節リウマチです。白血球除去療法とは、この病気の進行に影響を及ぼす白血球を取り除き、病状を改善させるというものです。

 

これは、透析のように、血液を一方の腕の静脈からいったん体外に取り出し、フイルターで白血球を取り除いた後、もう一方の腕の静脈に戻すという治療です。この治療を受けるまでは、生物学的製剤が使用できなかった人でも、白血球除去療法によって、入れ替わった血液のおかげで、生物学的製剤が使えるようになるということもあります。

 

しかし、白血球は、常にからだの中で作られているため、目立った副作用がないという利点がある反面、効果の持続が短く、効果がもって3ヶ月ほどとも言われています。白血球除去療法は、一時的には、有効と考えられます。しかし、効果の持続性が認められない、または、費用が高額(1回の治療で約15万円)などの理由から、この治療法が普及すると考えるのは、まだ難しいかもしれません。

TOPへ