関節リウマチのレーザー治療

関節リウマチの治療において、患者さんから強く求められることは、まず、痛みを取り除くということです。そして、関節組織の破壊を、なんとかくい止めるということではないでしょうか。これらを目標とする治療は、非ステロイド性抗炎症薬や、抗リウマチ薬がその中心です。薬によっては、長期にわたって投与した場合の副作用は無視できないことです。

 

そんな中、レーザー治療は、全身性の副作用がなく(少しだるさを覚える程度)、リウマチの進行を抑制したり、腫れ、こわばり、痛みを軽減する、有効な治療法として、最近、大きな注目を集めています。

 

関節リウマチ治療に用いられる低出力レーザーは、皮膚に障害を与えない出力以下に、エネルギーが押さえられています。ただし、眼に直接照射すると、網膜に損傷を与える危険性がありますので、注意が必要です。レーザー治療による鎮痛作用は、よく知られています。レーザー治療後に、関節の痛みが軽減されたという報告は、よく聞かれます。

 

次に、期待される効果として、既に破壊が進んでしまった関節に対する、関節機能の改善、および、機能を維持する効果があります。これは、薬物療法には期待しにくい効果です。

 

このように、有効な治療法として期待されるレーザー治療ですが、レーザー療法のみで関節リウマチの炎症が、完全に抑制できるというわけではありません。薬物療法によって、免疫異常を改善できれば、関節の変形を、かなり防げることもわかっています。薬物療法、レーザー療法、それぞれの利点を組み合わせて、慢性関節リウマチの症状をコントロールしていく必要があります。

TOPへ