関節リウマチの手術療法

関節リウマチは、一般的に、薬物療法やリハビリでは、病気の改善が難しいとされています。そのため、手術をすれば、生活の質(QOL)を向上できる可能性が高い場合に、手術療法が検討されます。

 

関節リウマチに対する手術療法としては、関節破壊が起こる前に、炎症部分を取り除く手術と、破壊された関節に対する手術の、大きく2つに分けることができます。前者の場合は、炎症を起こしている滑膜を切除して、病気の進行を抑える目的で行なわれる「滑膜切除術」です。この手術は、主に、手の指、手首、肘、肩などの関節に行なわれます。

 

後者には、破壊された関節を固定する「関節固定術」と、人工的に関節を作り直す「人工関節置換術」があります。特に、人工関節置換術は、関節リウマチの手術では、最も多く行なわれているものです。

 

人工関節置換術は、破壊された関節部分の骨を切り取り、代わりに、人工関節を固定して、関節が動きやすいようにすることが目的の手術です。関節の部位では、膝が最も多く、次いで、股関節、手指、肘、足首、肩、の順になります。

 

この手術では、早くから痛みがとれ、歩きやすくなるなど、関節機能の改善と日常生活動作の回復において、効果的とされています。しかし、片方のみ膝関節に手術をした場合は、もう片方の膝関節に体重がかかることから、負担が増して、症状を悪化させ、そちらも手術が必要になるというケースが多いことが問題点とていあげられます。

 

長く闘病生活を続ける患者さんにとって、また、進学や就職を目指す若い患者さんにとって、手術療法は、素晴らしい選択肢です。しかし、あくまで、局所療法であること、1回の手術では済まないことが多いこと、術後に、リハビリに費やす時間が必要なことなどについても認識して、事前によく検討する必要があります。

TOPへ