関節リウマチの温泉療法

季節が秋から冬へと向かい、肌寒くなってくると、温泉に行きたくなるものです。露天風呂につかりながら、季節の移ろいを感じるのは、日常の嫌なことを忘れて、心も体も癒されるひと時だと思います。体の調子を整えるために行く人や、心のリフレッシュのために行く人など、温泉へ向かう目的は、人それぞれでしょう。

 

ところで、温泉の効能として、「関節痛」、「リウマチ」、その他にも、様々な症状がPRされているのを、見たことはありませんか。それでは、温泉には、具体的に、どのような効果があるのでしょうか。関節リウマチに対する効果としては、以下の項目があります。

 

 

●温熱作用により、鎮痛効果が期待できる
●水中での浮力の働きにより、下肢にかかる体重が減少し、下肢の関節への負担と痛みが軽減される
●水の抵抗を利用した筋力増強
●泉質により、血管が拡張され、血流改善や代謝改善が期待できる→痛みの軽減につながる
●温度、圧力、浸透圧、成分などの総合的な刺激により、自律神経の調整が行なわれる

 

 

ただし、効果を挙げるためには、患者さん本人の体調(適応、禁忌)、泉質、温度、入水時間、入浴時間帯など、あらゆる条件が必要です。お医者さんとよく相談するようにしてください。以上のような効果から、温泉療法は、リハビリテーションの一つとして行なわれています。これは、薬物療法や手術療法と同様に、リウマチ自体を完全に治せるものではありませんが、重要な対症療法の一つなのです。関節リウマチの治療のためには、土台となる基礎的療法と、薬物療法、手術療法、そして、リハビリテーションが、バランスよく行なわれることが重要です。

TOPへ