関節リウマチの運動療法

人間の体は、動かさないところから弱っていくものです。特に、関節、筋肉、骨などは、毎日動かされることによって、それぞれの機能や新陳代謝が正常に維持され、強化されている場所です。関節リウマチの患者さんも、体を動かさずにいると、関節の働きがますます低くなってしまいます。体を動かすために必要な筋肉も減り、骨も弱くなっていきます。動かないままでいると、やがて、手足の関節や筋肉が固まり、動けなくなってしまいます。そういったことを防ぐために、関節の機能を維持する運動や、筋力を維持する運動を、日々心がけることが重要なのです。

 

運動療法のポイントは、関節を大きく動かし、痛みを感じるくらい、力を入れることです。これは、関節の動く範囲を狭めないための運動です。また、反動はつけずに、ゆっくりと行なうようにしてください。筋力の強化のため、曲げ伸ばしの最後の動作で、3〜5秒間しっかり力を入れます。運動と運動の間には、深呼吸をして、リラックスしてから、次の運動に入るようにします。

 

自分の病状に合わせて行なうということを忘れず、翌日に疲れを残さない程度に行なうことが大切です。最初は、関節の痛みのために、ひとりでは十分に動かせないかもしれません。理学療法士などの専門家に、関節を痛めずに動かせる方法を指導してもらうとよいでしょう。

 

家事や仕事の合間に、手指、足、肩、膝など、全身の関節を動かすように組みたてられたリウマチ体操を、日常的に行なう習慣をつけると良いでしょう。一度に全ての体操ができなくても、手指の運動、膝や足の運動など、機会を見つけて、生活の中に取り入れて、毎日続けることが大切です。

TOPへ