関節リウマチの装具療法

関節リウマチのリハビリ方法のひとつに、装具療法という治療法があります。装具には、様々な効果が期待できます。たとえば、関節の安静を保ち、炎症を鎮める効果、関節の変形の進行を予防する効果、関節にかかる負担を軽減する効果などです。つまり、装具を装着すること自体が、治療となるというわけです。

 

関節リウマチの関節変形は、個人差が大きいため、画一的な装具で、患者さん全体に対処するのは困難です。そこで、装具は、強固な固定や過度の変形矯正は行なわないこと、患者さんが自分ひとりで装着が可能なこと、軽量であること、装着感が良いことなどの点に、留意しながら作られています。

 

しかし、外見上の問題から、せっかくの装具を、取り外してしまうという人もいるようです。そのため、関節に負担をかけてしまうと、炎症と変形を進めてしまうことにもなりかねません。ですから、治療を第一に考えるなら、お医者さんがすすめる通り、積極的に装着したいものです。

 

装具は、最近では、軽量化や小型化も進んでいます。患者さんが使い易いように、かなり改良されてきています。例えば、膝関節用の装具や手関節の保護具では、伸縮性のある補正下着用の生地が使用されています。また、面ファスナーで、着脱し易く作ってあります。そういった、支持性を高めるための工夫や、通気性なども考えられています。

 

また、治療のための装具とは異なりますが、日常生活の動作を助けるために工夫された、自助具というものもあります。この他、電動歯ブラシや、上下するだけの水道のコックなど、関節への負担を軽減できる様々なグッズも多く市販されていますので、上手に活用してもらいたいと思います。

TOPへ