関節リウマチの鍼灸治療

鍼灸治療といえば、肩こり、腰痛などが、容易にイメージできるのではないでしょうか。実際に、肩こり、腰痛に加えて、膝の痛み、股関節の痛み、寝違い、ぎっくり腰、全身疲労などで鍼灸治療を受けるという人が、多いようです。

 

中には、しつこい頭痛、胃の不調、眼の疲れを訴えて通うという人や、生活の質(QOL)の向上のために通う、リウマチ患者さんも多いようです。いるそうです。産婦人科によっては、逆子治療にも、鍼灸治療を取り入れているところもあるそうです。鍼灸は、ずいぶん応用範囲が広いものであると言えそうです。

 

鍼灸治療を行なうと、その部分に集まってきた血液が、積極的に患部を治しにかかります。それと同時に、脳からは、痛みを抑制する物質が出るようになることで、痛みがやわらいでくる効果が期待できるそうです。関節リウマチなどの痛みで、緊張した患者さんは、次第に、緊張が緩んで、リラックスしてきます。副交感神経が優位になってくるというわけです。副交感神経は、心臓、消化器官、血液循環などが潤滑に機能するよう働きかけるものです。

 

つまり、鍼灸によって、病気の原因を根絶したり、痛みなどの症状を抑えられるというわけではありません。鍼灸は、患者さんが持っている 「自然治癒力」を引き出すための、ひとつの方法と言えそうです。専門医が、責任を持って行なうことは、それなりに効果があるとは思います。しかし、何がどういった部分に、どのように効くのか、自分で正しく理解して、判断する目を養うということも大切です。

 

ちなみに、鍼灸と聞くと、「痛い、熱い」というイメージがあるかもしれません。しかし、鍼は髪の毛のように細いので、チクッとした痛みさえ感じない場合が多く、お灸も、現在は、火傷するほど熱くはなく、それでも充分な効果が得られるそうです。

TOPへ