関節リウマチの基礎療法

慢性関節リウマチの治療方法は、基礎療法、薬物療法、リハビリテーション療法、手術療法と、大きく4つに分類することができます。4つの治療法の中で、土台となるのが、基礎療法です。基礎療法とは、患者さん自身が、毎日の生活を、どのようにおくるべきかという、基本的な療法です。

 

まず、自分の病気を正しく認識しましょう。慢性関節リウマチとは、一人ひとりの症状も、病気の進行状況も、大きく異なります。ます、自分のリウマチの症状をよく認識して、どのような生活を心がければ良いのかを、理解することが大切です。また、リウマチには、「だるい」「疲れやすい」などの、全身症状があることを、周囲の人々にも理解してもらうことも重要です。

 

次に、適度な運動と安静が必要です。慢性関節リウマチの場合、関節が痛いからといって、まったく動かずにいると、関節が固まってしまい、かえって、日常生活に支障が出てきてしまいます。そのため、適度な運動を毎日することが、大切になります。ただし、関節に腫れがあるときや、発熱などの症状があるときは、安静にしておかなければなりません。運動と安静のバランスを考え、お医者さんや理学療法士と相談しながら行なっていきましょう。

 

次に、バランスの良い食生活を心がけましょう。慢性関節リウマチだからという理由で、食べていけないものはありません。しかし、肥満は、下肢の負担になります。過食は避け、標準体重を守ることが大切です。

 

次に、冷えや湿度にも常に注意を払いましょう。体が冷えたり、湿度が高くなったりすると、リウマチを悪化させてしまうことがあります。入浴は、体を温め、血液の循環を良くし、関節の痛みも軽減させます。しかし、入浴後には、体を冷やさないよう、水気を残さず、しっかりと全身を拭くことも忘れないようにしましょう。

TOPへ