関節リウマチの診断基準

関節の痛みを伴う病気としては、関節リウマチに限らず、さまざまなものがあります。そのため、関節リウマチを診断するには、以下のような基準が設けられています。(アメリカリウマチ学会による)

 

●起床時に関節のこわばりがある
●3箇所以上の関節に腫れがある
●手首や手指の関節が腫れている
●関節の腫れが左右対称にみられる
●手のエックス線検査で異常がみられる
●皮下にしこりがある
●リウマトイド因子が陽性である

 

以上のうち、症状に照らし合わせて、4項目以上が該当する場合、関節リウマチと診断されます。上記の、リウマトイド因子が陽性ということは、つまり、血液検査によるリウマチ反応が陽性ということになります。「リウマチ反応が出た」という言葉に敏感になってしまう人もいるかと思いますが、健康な人や、関節リウマチ以外の病気を持った人に、陽性反応が出ることもあります。

 

逆に、関節リウマチ患者の中でも、10パーセント程の人は、陽性にはならないこともあります。リウマチ反応が陽性でも、即「リウマチである」というわけではないのです。診断の際、大事なことは、自覚される症状です。朝起きた時、手を広げようとしたらこわばった、肘の外側や後頭部、膝の前部などの皮膚の下に、痛みのない小さなしこりがあるなど、具体的な症状です。上記7項目のうち、血液検査やエックス線検査結果以外の症状は、ご家庭で、自分でチェックすることができますので、思い当たる症状があれば、受診の際、お医者さんに伝えるようにしてください。

TOPへ