関節リウマチと関節の異変

ちょっとした風邪をひいたときなど、発熱に伴い、体の節々が痛むことがあるという人は、多いのではないかと思います。このように、関節の痛みというのは、珍しい病気ではありません。そして、やはりまず気になるのは、「関節リウマチ」ではないでしょうか。

 

関節リウマチの場合、異変は、手指などの、比較的小さな関節から始まります。最初は、じっとしていれば、激しい痛みはありません。荷物を持つ、関節を動かす、ねじるなどの動作をしたとき、漠然とした痛みを感じようになります。押したり圧迫した時に感じる痛み=圧痛があるのも特徴的で、熱感を伴うこともあります。

 

初期の段階では、どちらかというと、痛みよりは、「はれ」や「朝のこわばり」が目立つことが多いです。左右両方の関節に、左右対称にあらわれます。なぜ朝に、関節がこわばるのかというと、それは、炎症によって、眠っている間に体液がたまり、むくむためであると考えられています。

 

はじめは、なんとなく動かしづらいのですが、しばらく動かしていると、体液が移動するため、徐々にこわばりが治まり、楽に動かせるようになってきます。また、長い時間、椅子に座ったままでいるなど、関節を動かさずに過ごした後にも、同じような痛みがあることがあります。関節リウマチの場合、朝のこわばりが、1時間以上、長い時間続くことが多いです。

 

関節リウマチの痛みやはれは、常に持続してあるわけではなく、良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、じわじわと進行していきます。「今は痛くないが、以前はあった」というような場合、そのことも、お医者さんに伝えるようにしてください。

TOPへ