関節リウマチの原因

なぜ、関節リウマチが起こるのか、この病気の原因は、今のところ、完全に解明されているわけではありません。しかし、免疫システムの異常が関係していることが、明らかになってきました。

 

免疫とは、病原体などの異物(これを「抗原」といいます)が、体内に侵入してきたとき、異物を攻撃する武器(これを「抗体」といいます)を作って、異物を対外へ排除するシステムのことをいいます。この免疫システムに、何らかの異常が起きると、あらゆる病気を引き起こしやすくなってしまいます。

 

例えば、花粉症や食物アレルギーなどは、特定の花粉や食べ物の成分などに、過剰に反応してしまうという免疫システムの異常が原因の病気です。これらの免疫反応の標的は、あくまでも、体外から体内に侵入した異物です。しかし、中には、本来なら、免疫反応を起こさないはずの、自分の体を構成する成分を、異物と勘違いして、抗体を作り、自分自身を攻撃してしまうということがあるのです。

 

このような病気を、「自己免疫疾患」といい、関節リウマチは、この自己免疫疾患のひとつです。関節リウマチの患者さんの、およそ7割が、「リウマチ因子」と呼ばれる、特有の自己抗体を保持しています。そして、このリウマチ因子が、本来なら、自分の体を守るために働く免疫グロブリン(Ig)の中の、IgGという抗体に反応して、トラブルを引き起こしています。

 

ただし、このリウマチ因子は、健康な人でも持っているものです。また、逆に、リウマチ因子を持たない関節リウマチ患者さんもいます。そのため、リウマチ因子を持っていることだけが、関節リウマチを起こす原因とは言い切れません。しかし、リウマチ因子は、発病と密接な関係があり、診断において重要な要素であることは間違いありません。

TOPへ